のりものから "NO" をなくして リモノ です。

株式会社 rimOnO(リモノ)は、経済産業省出身の   伊藤慎介   と、znug design(ツナグデザイン)の 根津孝太 が、2014年に設立した「新しい乗り物」の会社です。現在は公道走行試験車の開発に向けてドリームスデザイン社と開発を進めています。

「小さくてカワイイ、誰でも乗れる乗り物を作りたい」

rimOnOでは若者から年配の方まで、どなたでも簡単に乗れる乗り物づくりを目指しています。運転に自信がないという方でも「これなら乗れるかも!」と思っていただける乗り物を作りたい、狭い道でもスイスイ行けて、日本の街並みにあうカワイイ乗り物を作りたいと考えています。

試作車 "prototype 01" の詳細

「人々が明るく暮らせて自然と調和した魅力的な街づくりを目指したい」

rimOnOでは新しい乗り物の提供と共に日本らしい街づくりを目指したいと考えています。街から騒音や排ガスがなくなり、都会でも外で食事やお茶ができる街を作りたい、お年寄りでも安心して乗り物でお出かけができる動きやすい街を作りたい、住んでいる人たち同士で自然と会話が生まれ、毎日が楽しくなる街を作りたいと考えています。

「日本発でワクワクするモノづくりにチャレンジしたい」

rimOnOでは日用品から飛行機まで作ることができる日本のモノづくりの可能性を信じています。大企業、中小企業、ベンチャー企業など会社の規模にこだわらず、「同じ船」に乗ってワクワクするモノづくりにチャレンジしていただける方と組みたいと考えています。

「rimOnOと一緒にワクワクするモノづくりにチャレンジしたい」「rimOnOが作る新しい乗り物を使った新サービスを一緒に考えたい」「rimOnOと組んで魅力的な街づくりを目指したい」などのご要望があれば下記までお問い合わせください。

上記以外にも 講演、調査、コンサルティングなどもお引き受け致します。※過去の実績はこちら

お問い合わせ

rimOnO prototype 01 @ WISE WISE (photo by Hayato Furusho)

2014-2017 rimOnO all rights reserved.